明治四年創業以来、高級和牛専門店として皆様に最高の牛肉をお届けしています

老舗のこだわり神戸元町の大井牛肉。高級和牛の豊かな味わいを直営店・ご家庭でご賞味ください。

ホーム > 厳選ブランド
厳選ブランド

厳選ブランドのご紹介

大井肉店では、皆様に「より美味しく・より安心して」お肉をお召し上がりいただけるように、様々なこだわりをもって厳選し熟練の職人が吟味したお肉をお客様へご提供しております。

大井牛肉

大井牛肉

和牛ブランドといえば、松坂・近江・神戸あたりが有名なブランド和牛として知られています。 しかし、今やブランド和牛を謳う和牛はこればかりではなく、全国にこうした銘柄牛が200種類も存在すると言われています。

大井肉店は神戸の地で明治四年の創業以来、常に最高級の和牛にこだわり、神戸の歴史と共に百有余年歩んで参りました。

「大井の牛肉は美味い」とそのご期待に応えるべく、牛肉に品質を求め、産地にこだわるのではなく、市場に出荷されている牛肉の肉質・血統を吟味し、納得した良質な牛肉を仕入れ、長年の経験で培われた独自の技術で、ひとつひとつ職人がその商品に合わせ調整したものを『大井牛肉』としてお客様に販売しております。

契約農家牛舎内 子牛登記等書類
ページトップ

鹿の仔牛

鹿の仔牛

契約牧場で血統の吟味はもちろん、適度の運動と多年研究された特別配合飼料を十二分に与え一頭一頭大切に肥育された牛から、さらに上質なものだけを選別した大井牛肉を、独自のブランド「鹿の仔牛(かのこ牛)」として販売する事となりました。(商標登録済:登録第5091756号)

鹿の仔牛・商標登録証

牛肉の値段はサシ(霜降り)の入り具合が一つの目安となっています。しかし、いくらサシが入っていても味気ない牛肉もあり、長年の経験から凡その見分けはつくのですが、いつもご利用頂いているお客様から「今回はなんだか味がなかったよ」というお言葉を頂いたことがあり、それが独自ブランドを立ち上げるきっかけとなりました。

サシに左右されず、食べて「美味しい」とお客様にご満足頂ける牛肉を求め、20年以上お付き合いある信用おける肥育農家様の持つプロの技術と、当店が先人から受け継いだ知恵と経験を併せ、約15年の歳月を要しこの度実現へと至りました。

大井牛肉をご贔屓頂いていますお客様はもちろん、美味しい高級和牛をお探しの方は是非とも鹿の仔牛をご賞味下さい。

鹿の仔牛

※数に限りがある為、ネットでの販売は現在見合わせております。
  御要り様の際は直接お電話かメールにてご連絡下さい。

ページトップ

神戸ビーフ・但馬牛

神戸牛・但馬牛

当店では産地にこだわらず当店が自信を持って販売出来る物を「大井牛肉」として販売しております。 しかし神戸という土地柄、観光でお越しになるお客様が多く、「せっかく神戸に来たのだから神戸牛を食べたい」というお声がたくさん寄せられました。

そこで当店が自信を持ってお届けできる兵庫県産の牛肉を、もっとご用意出来ないものか考えていたところ、三田市に在る肥育農家様と出会い、当店が求める神戸牛について話し合い、納得できる牛肉に辿り着くことが出来ました。

日々牛を肥育される農家様とのコミュニケーションを大切にし、今後も大井肉店ならではの、より良い神戸牛をお届けして参ります。

大井肉店の神戸牛

契約農家様のご紹介

有限会社THREENINE(兵庫県三田市)坂本政隆さん (制作スタッフインタビューより)
品評会では霜降りの具合などの基準が厳しい神戸ビーフ部門。
そんな難しい部門で、昨年末複数の最優秀賞を受賞された、有限会社THREENINE・坂本畜産(兵庫県三田市)の坂本政隆さんにお話しをお伺いしてきました。

坂本畜産

Q1.他の牧場との違いは?
一つは良い牛を育てるのに欠かせない「ゆったりとした環境」と「おいしい水」が揃っている事です。特に水は大切で、ここの水はミネラルが豊富な以外に「持ち」が良く、常に清潔な水を与える事が可能です。
水によって味に大きな差が生じるのは肉だけではありませんが、昔神戸の牛だけ外国人の反応が違ったのは、魅力的な水源のおかげだとも言われています。

坂本畜産2

次に、与えるエサにオーガニック(無添加)飼料を使用しており、いつ誰が来ても堂々とお見せする事が出来ます。
純血の神戸牛は非常にデリケートで、気候の変化にも食欲が敏感に左右される為、一頭一頭の様子を見ながら量や内容のバランスを調整しています。
常に「ここで育てられる牛が一番幸せ」という自信と愛情を持って育てています。

Q2.坂本畜産にとって大井肉店は?
「遠方より来られたお客様に、本当に美味しい神戸ビーフを召し上がってもらいたい」という大井肉店様のお言葉を聞いた時、その熱い思いに是非お応えさせて頂きたいと思いました。

坂本政隆さん

坂本畜産では「どんな人が育てるか」と「どんな人が売るか」の両方が、美味しい神戸ビーフの要になると考えています。
売れ筋であるウデやロースのバラ買いが多い中、一頭買いされるのは神戸でも大井肉店様含め数件程度。
そんなプライド持って販売されている大井肉店様に、よりご期待頂ける様今後もさらなる努力と研究を重ねて参ります。

ページトップ

あぐー豚

この度、貴重な純血あぐーを取り寄せることができました。伝説の豚、あぐー。琉球王朝時代の味をご堪能ください。

*純血の定義は、75%以上あぐーの血統
あぐー豚の特徴
コレステロールが一般豚の4分の1以下
旨味成分のグルタミン酸が3倍近くもある
臭み、アクが少なく軟らかい肉質
あぐー豚は今から約600年前に中国からわたってきたといわれています。
琉球王朝時代に「牛・馬の肉は食べてはいけない」とお触れがあった為に、あぐーは当たり前のように肥育され食生活の中心をなし親しまれてきました。

しかし、第二次世界大戦で、食糧難など、混乱の中であぐーは、一気に激減。戦後の喧騒が落ち着き、沖縄在来種の「あぐー」の頭数を調べた結果、なんと18頭しか確認できませんでした。

その後、あぐーを保存継承される為に様々な努力を重ね今日に至っており、この度、大井肉店でも貴重な純血あぐーを取り寄せることができました。

しゃぶしゃぶや焼肉、煮込み、炒め物など用途は広く、脂の質・赤身の旨さに感動することと思います。この機会に琉球王朝時代の味を是非ご堪能ください。
琉球王朝の味、あぐ豚 琉球あぐー認定書 しゃぶしゃぶ、煮込み、炒め物、焼肉にどうぞ
※あぐー豚は現在梅田阪神百貨店のみ販売、本店では事前にご連絡頂いての取扱いとなっております。
ページトップ

イモ豚

サツマイモが主とした飼料
「安全・安心・安定した美味しさ」を追求した豚肉です。
いも豚の特徴
高鮮度維持
肉が厚い
あっさりした中にも風味豊か
いも豚は愛媛県西条市丹原町の養豚場にて、主にサツマイモを中心とした植物性飼料(通常のビタミンEの3〜4倍)を与えられた豚です。 「安全・安心・安定した美味しさ」を追求した豚肉で、鮮度維持、脂肪は白く肉は厚みを増し、風味豊かで安定した品質を実現しております。
本店レストランでは、ご昼食メニューにて「伊予のイモ豚とんとん鍋」をお楽しみ頂けますので、お近くへ起こしの際は是非ご賞味下さい。
伊予のいも豚とんとん鍋
※いも豚は現在本店のみの取扱となっております。
ページトップ
 
 
大井肉店・本店(レストラン)
〒650-0022 神戸市中央区元町通7-2-5 TEL078-351-1011 / FAX078-351-5494
トップページ